Aimer – 茜さす

詞:aimerrhythm



曲:釣俊輔



枯れ恭弘=叶 恭弘舞う町角を 

在枯恭弘=叶 恭弘翩翩飛舞的街道一角

駆け抜けてく乾いた風

乾燥的秋風呼嘯而過

伸びた影とイチョウ並木 

延伸的影子和道路兩旁的銀杏樹

季節を見てたかった

多麼想一直看着這季節的風景

返事のない呼ぶ聲は 

沒有回應的呼喊聲

あっという間 

一瞬間

かき消されてしまう

就會被別的聲音蓋過消失殆盡

目抜き通り 人波抜けて 

穿過樹蔭 掠過人群

どこか遠く 誰もいない場所へ

前往那遙遠而空無一人的地方

気付いていたのに 

明明早就已經有所察覺

何も知らないふり

卻都裝作不知道的樣子

一人きりでは 

孤獨一人的話

何もできなかった

什麼事情都無法做到

出會えた幻にさよならを 

對遇到的幻想說聲再見

茜さす この空に

在這被夕陽染紅的天空中

零れた弱さに手のひらを 

向掉落的軟弱伸出雙手

一輪の徒花 そんなふうに

宛如一朵空有其表的鮮花

願い恭弘=叶 恭弘え 痛みを知る

實現願望 了解痛苦

渡り鳥の鳴く聲も 

就連度鳥的叫聲

赤く染まる雲に消えてしまう

也消失於那被染紅的雲彩

帰り道も遠く離れて 

歸路也漸漸遠

今は一人 誰もいない場所で

現在隻身一人 在這空無一人的地方

気付いた景色の色に

就算能夠觸碰到

ふれたとしても

你所察覺的景色的顏色

一人きりでは 

孤身一人的話

聲も出せなかった

連聲音也無法發出

愛した幻に口づけを 

親吻你所愛的幻影

黃昏れた この空に

在這黃昏的天空中

まだ夕べの星燈らない 

夜晚的星星還未亮起

待ち宵も朧げ 月は何処に

那朦朧的月亮又在哪裡

引き裂かれて 痛みを知る

內心碎裂 了解痛苦

くり返す日々の中で

在這不斷重複的日子中

探してたのは

所尋找的是

歩き続けるための願い

能夠支持我不斷走下去的願望

出會えた幻にさよならを 

對遇到的幻想說聲再見

憧れは この空に

在這令人憧憬的天空中

流れた月日を手のひらに 

將流逝的時光握在手心

一片の花弁 そんなふうに

宛如一片花瓣一樣

痛み重ね 出會いを知る

反覆的痛苦 讓人了解何為相遇

出會い重ね 願いを知る

反覆的邂逅 讓人了解自己的願望